- DOUBLE EYELID -

二重埋没法/目の上の脂肪取り

二重埋没法とは

二重埋没法とは髪の毛より細い医療用の糸を用いて、生まれながらの二重瞼と同じ構造の瞼をつくる施術のことです。
メスを使わないので腫れや痛みなどのダウンタイムが少なく、手軽に受けることができる二重整形術として幅広い年齢層から人気のある施術です。
手術時間も約15分~20分と短く、デザインなどの修正も簡単に行えます。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • アイプチなどの手間から解放されたい方
  • 目つきが悪く見える方
  • 黒目が小さく見える方
  • 片方の目だけ一重の方
  • 二重の幅を広げたい方
  • メスで切開したくない方

目の上の脂肪取りでスッキリとしたまぶたに

目の上の脂肪取りは、上まぶたに小さな穴(2㎜程度)を開け、腫れぼったく見える原因となる脂肪を除去する施術です。
目がスッキリと大きく見え、埋没法と併用することで二重ラインがより自然に見える効果があります。
切開を最小限にとどめているためダウンタイムが少なく、抜糸も必要ありません。
アイメイクも術後2日後から可能なため、二重切開法などのダウンタイムが気になる方にもおすすめの施術です。

以下に当てはまる方は、目の上の脂肪取りを併用した方がきれいな二重になりやすい傾向にあります。
もちろん埋没法との併用以外に、目の上の脂肪取り単体での施術も可能です。

  • まぶたの脂肪量が多い
  • 眠たそうな印象に見られる
  • 二重のラインが薄い
  • アイプチ等で癖がつきにくい
  • 外国人のような幅広二重にしたい
  • まぶたの脂肪吸引や脂肪溶解注射を検討している
  • 以前に埋没法をしたが取れてしまった経験がある

当院の二重埋没法の種類

当院の二重埋没法の特徴

糸だけで生まれつきの二重と同じ構造を形成

生まれつきの二重まぶたは眼瞼挙筋という筋肉が枝分かれしていて、瞼板の上の皮膚を引き込んでいます。
一重まぶたは眼瞼挙筋の枝分かれがないため、瞼板の上の皮膚を引き込むことができません。
埋没法は糸で人工的に眼瞼挙筋の枝分かれをつくり、皮膚を引き込む構造をつくります。
物理的に生まれつきの二重まぶたと同じ構造になるので自然な仕上がりになりやすく、目を閉じても周囲に気付かれる心配がありません。

髪の毛より細く強度の高い糸を使用

二重埋没法に使用する糸は「アスフレックス」や「ポリプロピレン」、「ナイロン」といった医療用として使用される極細の糸を使用します。
日本人女性の平均的な髪の毛の太さが約0.08ミリであるのに対し、施術に使用する糸はさらに細いものを使用します。
これらの糸は結び目も非常に小さく耐久力に優れているため、形成外科や心臓血管外科の手術でも用いられています。
安全面に関しても体内での経年劣化はほとんど無く、長期に渡り自然な二重を保ちます。

メスを使わないから腫れが少ない

埋没法は糸で止めるだけの施術なので、メスを使用しません。
そのため、痛みや腫れが少なく抜糸も不要となります。
施術前の局所麻酔では34G(針の太さ0.18㎜)と極細なため、痛みをほとんど感じることなく施術を受けて頂けます。

修正が可能である

埋没法は糸で止めているだけなので、抜糸を行うと元の状態に戻せるといったメリットがあります。
他院での埋没法に満足しなかった方、二重ラインが気に入らない方はお気軽にお申し付け下さい。
ただし、術後時間が経過し過ぎると、皮膚が癒着して抜糸を行っても二重ラインが癖付いてしまっているケースがあります。

代表的な二重の形

末広型

最も日本人のまぶたの形に合うといわれている二重ラインです。
目頭にむかって二重幅が狭くなるため、蒙古襞が大きい方やまぶたの脂肪が多い方でもなじみやすく黒目が大きく見えます。

平行型

目の形に平行に入っている二重ラインです。
もともとまぶたの脂肪が少ない方や、蒙古襞が目立たない方は平行型でもナチュラルに仕上がります。
まぶたの脂肪が多い方や蒙古襞がある方は、目の上の脂肪取りや目頭切開を併用されるとより自然な仕上がりとなります。

奥二重型

末広型の幅を狭くした二重ラインです。
目を開くと二重のラインが隠れますが、奥二重にすると黒目の見える面積が大きくなる為、自然に目が大きく見える効果があります。
周囲に築かれたくない方や、顔のイメージを大きく変えたくない方におすすめです。

幅広型

幅が広い平行型の二重ラインです。
目と眉の間隔が広い方や、華やかなメイクをする機会が多い方から人気のある形です。
目頭切開や、目の上の脂肪取り、グラマラスラインなど他の施術と併用することでさらに生まれながらのハーフ顔のように仕上がります。

当院の二重埋没法へのこだわり

患者様の目の形に合わせた術式

当院では美容外科学会でも発表されている最新の術式を採用し、患者様一人ひとりの目の形に合うよう使用する糸や結び方や掛け方にこだわっております。
糸の結び方、掛け方は合計5パターンと豊富にご用意しているため、患者様のまぶたにより最適な施術を受けて頂けます。
この他にも蒙古ひだが大きい場合や目の上に脂肪がある場合、二重のラインが薄い場合など瞼の状態に合わせて組み合わせ治療も可能です。

瞳が美しく見える自然な仕上がり

目と眉の間隔に合っていない幅の広すぎる二重ラインは、埋没法だけで行うと黒目の輝きが見えなくなり、目が小さく見えてしまうケースや不自然な印象になるケースがあります。
当院では黒目を大きく見せる治療やまぶたの脂肪・たるみ取りなどの組み合わせ治療が可能です。
幅広い二重ラインでも瞳が大きく見える、ナチュラルな仕上がりを実現します。

腫れが少なく取れにくい

ダウンタイムが心配な方に、手術直後でも腫れが少なく二重ラインがとれにくい術式もご用意しております。
仕事や学校、行事などでスケジュール調整が難しい方もお気軽にお問い合わせください。

保証制度で安心

当院では、術式によって3年・5年・10年・永久保証と年数の異なる保証制度を設けています。
二重ラインが無くなってしまった場合や極端にラインが薄くなってしまった場合、保証期間内であれば無償で修正致します。

二重切開法との違い

デザインした二重ラインに沿ってまぶたを切開し、二重ラインを形成する施術を二重切開法といいます。
埋没法とは違い直接切開するので、半永久的な効果があり幅が広い二重デザインでも可能となります。
まぶたの皮膚が厚い方やたるんでいる方、もしくは筋肉が厚い方、過去に埋没法を受け取れてしまった方におすすめです。

手術の流れ

1. ご予約
お電話、もしくはLINE予約にてご予約を承っております。
2. カウンセリング
カルテに必要事項を記入していただいた後、カウンセリングとなります。
ご希望のデザインや理想の目の形などをお伺いし、デザインを決定します。
施術に関して不安な点や質問など、お気軽にご相談ください。
3. 施術
洗顔などの施術準備が整いましたら、施術開始となります。
施術時間はおよそ15分程度で終了となります。
4. 施術終了
お帰りの身支度が整いましたら、そのままお帰りいただけます。

症例写真

経過とダウンタイム

術直後は、腫れは少ないですが、当日の夜から術翌日にかけて腫れがでてきます。
術後2日が腫れのピークとなり、1週間程度で腫れは落ち着きます。
その後、腫れやつっぱり感、違和感がさらにとれていき、術後1ヶ月で完成となります。

内出血は、程度にもよりますが術後数日から2週間程度で落ち着きます。
※個人差あり

リスク(副作用・合併症)について

施術時間 15分
腫れ・内出血 数日で消失(個人差あり)
リスク 違和感・左右差が生じることあり

施術料金

※表示価格は全て、税込み価格となります。

よくある質問

ダウンタイムはどれ位ですか?
個人差はありますが手術後の腫れのピークは3日程で、術後1週間程度で晴は落ち着きます。
アイメイクはいつから可能ですか?
基本的にアイメイクは基本術後2日以降から可能です。
コンタクトやまつ毛エクステ、まつ毛パーマは施術後いつから可能ですか?
コンタクトの使用は術後2日後から可能です。
まつ毛エクステ・まつ毛パーマは術後1週間以降から可能です。
施術後に気を付ける点はありますか?
血行が良くなると、腫れが出やすくなる可能性があるので、手術当日は入浴は控え、軽めのシャワーで済ませて頂くようお願いしています。
また、術後数日間は保冷剤などで15分程度冷やしていただくと腫れにくくなります。
同時に目頭切開やグラマラスラインを受けることは可能ですか?
可能です。
患者様の理想に近づける最適な治療法を提案致しますので、カウンセリング時にご希望の二重ラインや目の形についてお聞かせください。

サイトの医師監修について

院長 永嶋啓一

院長 永嶋啓一

当サイトにおきましては、厚生労働省が定めた医療広告ガイドラインを厳守し、医師監修のもとに掲載しております。
症例写真を掲載しているページにつきましては、施術説明、主なリスク・副作用・合併症・料金を表示しております。

CONTACT