- HYALURONIC ACID -

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は体の循環と代謝に欠かせない「グリコサミノグリカン(ムコ多糖類)」の一種で、人体にもともと存在している成分です。
強い粘り気があるゼリー状で、皮膚や目、関節の軟骨、筋肉などの様々な箇所で細胞同士をつなぐ重要な役割を果たしています。
真皮層では肌の土台となる網目状のコラーゲンの中を埋め尽くすように支え、弾力を高めてくれています。
ヒアルロン酸の保水力は約6000倍にも相当し、わずか1gで水6ℓ分もの水分を保持できます。
このヒアルロン酸の保水力を利用した化粧品やサプリメント、ドライアイ予防の点眼薬など多くの商品が開発されています。

20代から減り続ける体内のヒアルロン酸

人体にあるヒアルロン酸やコラーゲンは、細胞の働きが活発な20歳をピークに生成量が低下します。
体内ヒアルロン酸の量は20歳が100%だとすると、30歳では65%、40歳から急激に減り50歳では半分以下の45%、60歳では25%まで減ってしまいます。
ヒアルロン酸が減ってしまうと真皮層がスカスカになり、表皮を支えられなくなります。
さらに水分も保持できなくなるため、シワやたるみが発生しやすくなります。

ヒアルロン酸注射について

ヒアルロン酸注射とは医療用のヒアルロン酸を直接皮下に注入し、シワや凹みを目立たなくしたり鼻や顎の形成を行ったりする施術法です。
顔や体とオールマイティーに治療が可能で、安全性が高くダウンタイムが少ないため、幅広い年齢層の患者様から人気があります。
加齢によるたるみが気になり出した方や鼻や顎を理想のラインに整えたい方、涙袋やおでこの形成で女性らしさをアップしたい方におすすめの施術です。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • 頬のコケが気になる
  • おでこやこめかみが痩せてきている
  • 横顔・Eラインを整えたい
  • リフトアップ効果がほしい
  • 法令線を改善したい
  • ゴルゴラインが気になる
  • メスを使いたくない
  • ダウンタイムがとれない
  • 気軽に悩みを解決したい
  • 周囲にバレたくない

医療用ヒアルロン酸について

日本では1987年に医薬品としてヒアルロン酸の使用が認められ、美容目的以外では関節治療などにもヒアルロン酸注射が使用されています。
もともと人間の体内に存在するヒアルロン酸は、アレルギー反応のリスクが少ないのが強みですが、注入しても徐々に体内に吸収されてなくなってしまいます。
ヒアルロン酸注射に使うヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の分子と分子を結合し、密度を濃くすることで吸収されにくくなるように加工しています。
この加工法を「架橋(かきょう)」と呼び、近年では各製剤メーカーから持続期間が長いものや細かい部位に対応可能など、より優秀な製剤が開発されています。

ヒアルロン酸注射とボトックス注射の違い

ボトックスはボツリヌス菌からつくられるタンパク質の一種で、「アセチルコリン」という神経伝達物質を分泌阻害し、過剰な筋肉の動きや筋肉の緊張を抑える効果があります。
過剰な筋肉の動きによってできた表情ジワやエラ張りの改善だけでなく、制汗、痩身など幅広い美容医療に使われている成分です。
ボトックスの安全性はFDA(米国食品医薬品局)で認められており、上下肢痙縮や眼瞼下垂の治療など医療の分野でもよく用いられます。
このことからわかるようにヒアルロン酸とボトックス、どちらもリフトアップ効果がありますが、全く別の治療法となります。
表情筋の動きから生じる小皺や表情ジワの改善にはボトックス、表情とは関係なく、たるみによって生じるシワや凹凸にはヒアルロン酸の方が適しているといえるでしょう。

ヒアルロン酸注射の効果

ヒアルロン酸注射は気になるシワや凹みを解消するだけでなく、おでこや鼻筋、唇、顎などさまざまな箇所を理想の形に整えます。
ヒアルロン酸注入で頬のボリュームアップを行った場合、重心が上がり肌にハリが出ることで小ジワや毛穴が目立ちにくくなるなどの相乗効果も期待できます。
リフトアップ効果が欲しい方や、パーツに自信のない方、輪郭などでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸注射の最大のメリットは、即効性がありダウンタイムがほとんどないため気軽に施術ができることです。 安全性が高いのも大きなメリットといえるでしょう。 また、細い注射針を使用するため、傷跡が残りにくく細かい箇所でもピンポイントで治療が可能です。 施術時間も5分から10分と短いため、仕事や家事で忙しい方でもスケジュール調整が行いやすくなります。

ヒアルロン酸注射のデメリット

ヒアルロン酸注射のデメリットは半永久的な効果がないという点です。
人体に存在する成分なのでアレルギー反応などのリスクは少ないものの、肝臓から分泌される「ヒアルロニダーゼ」という酵素に分解され、徐々に体内に吸収されます。
ただし、最近では製剤メーカーの研究が進み、吸収されにくいヒアルロン酸が増えています。
持続期間が長い製剤を使用することで約2年持続します。

当院でのヒアルロン酸注入へのこだわり

マイクロカニューレで内出血のリスクを低減

当院では、細く先が丸い注射針「マイクロカニューレ」を使用し、痛みや内出血のリスクを軽減しています。
マイクロカニューレは針が柔らかく、先端ではなく針の横から薬液が出る構造になっているため、ひとつの針穴から皮下に沿って360度どの方向にも注入ができます。
従来の注射針では複数回注射を打つ必要があったM字リップやアヒル口などの微細なデザインも、一回の注入で針穴が少なくきれいに仕上がります。

種類豊富なヒアルロン酸製剤

注入を希望される部位によって、適したヒアルロン酸製剤は異なります。
当院ではそれぞれ特徴の異なるヒアルロン酸製剤を豊富に取り扱っているため、幅広いお悩みに対応できます。

技術とセンスで理想のデザインに

ヒアルロン酸注射は患者様1人ひとりの状態に合わせて注入する深さや位置、ヒアルロン酸の量など細かなコントロールが必要となります。
当院では圧倒的な症例数から裏付けされた「技術」と「センス」により、注入直後から理想のデザインに仕上げることが可能です。

人気の高いヒアルロン酸注入部位

おでこ

近年、若い女性から非常に人気の高い部位です。
平たく角張った額にヒアルロン酸を注入し、丸みをもたせてあげると女性らしさがグンとアップします。

また、生え際から眉の上までバランスよくヒアルロン酸を注入することで、横顔のラインが整い立体感がでます。
実はおでこも加齢によって骨が萎縮し、痩せていきます。
痩せることによって凹凸が目立つようになると、ゴツゴツとした男性的な印象となってしまいます。

ヒアルロン酸を注入することでおでこのシワも改善され、ひと昔前の若々しい姿を取り戻すことができます。

こめかみ

おでことセットでヒアルロン酸注入を希望されることが多い部位です。
加齢や体型の変化などでこめかみが痩せてしまうと、輪郭が角ばって老けて見られることがあります。

痩せたこめかみにヒアルロン酸を注入すると、自然なリフトアップ効果が期待できます。
こめかみは髪の毛で隠れていることが多く、周囲に気付きにくい部位です。

さりげなく若々しさを取り戻したい方におすすめの部位です。

涙袋

おでこに並んで涙袋も、近年若い女性から非常に人気の高い部位です。
涙袋とは「眼輪筋」という目の周りの筋肉が発達することによってできる、笑った時の目の下の膨らみです。

ヒアルロン酸で涙袋を形成すると中顔面が短く見え、優しく可愛らしい印象になります。

毎日メイクで涙袋をつくる手間を省きたい方、気軽にイメージチェンジをしたい方は、ぜひお試しください。

ゴルゴライン

ゴルゴラインとは目頭から頬に向かってできた窪みのことで、主な原因は加齢による眼輪筋や頬の筋肉の衰えです。
ゴルゴラインにヒアルロン酸を注入すると疲れた印象が解消されます。
ただし、稀に生まれつき頬の上部にエクボがあり、ゴルゴラインとなって目立つこともあります。

メスを使わずに通った鼻筋に仕上げ、鼻先から顎にかけてのEラインを整えることができます。
鼻筋にヒアルロン酸を注入すると鼻が高くなるため鼻先や小鼻が小さく見える効果があります。
さらに、目と目の間が立体的になり、離れ目の改善効果も期待できます。

また、ヒアルロン酸を注入することによって段鼻(鷲鼻)を修正することも可能です。
プロテーゼ挿入を検討されている方は、まずはヒアルロン酸注入でシュミレーションをしてみるのもおすすめです。

ヒアルロン酸で頬のボリュームを引き出して上げると、顔が立体的に見え重心が上がります。
頬は加齢とともに脂肪がボリュームダウンしやすく、その上にある皮膚のハリが失われ、たるんで見えることがあります。
脂肪の減りによってできた頬のシワや窪みは治療効果が一番出やすい箇所といわれています。

リスクが少なく治療できるヒアルロン酸注入は、頬のボリュームアップのなかで非常に人気の高い施術です。

ほうれい線

法令線は頬のふくらみと口の周りの筋肉の境目にある溝のことで、別名で「鼻唇溝(びしんこう)」とも呼ばれます。
他のシワとは異なり、骨格や筋肉のつき方でできるもので若い方にもできます。
しかし、加齢により肌のハリが失われると、たるみによって法令線の溝が深くなります。

また、顔がもともとふっくらしている方は年齢とは関係なく法令線が目立ちやすいことがあります。
ほうれい線がくっきり目立つと、見た目年齢が高くみられてしまいがちです。
ヒアルロン酸を真皮の内側に注入し、ほうれい線の溝を持ち上げると、法令線が目立ちにくくなり若返り効果が期待できます。

唇の黄金比は縦:横=1:3、上唇:下唇=1:1.3〜1.5といわれています。
唇にヒアルロン酸を注入することで、黄金比に近づけながらふっくらとしたセクシーなリップラインに仕上げることができます。
上唇に注入すると人中短縮効果もあり、Eラインが整います。

リップのヒアルロン酸注入はボリュームを変えるだけでなく、口角がきゅっと上がったアヒル口やM字リップなど、ご希望のデザインに仕上げることも可能です。
縦ジワも改善されるため、もともと唇が薄い方だけでなく加齢によって、ハリがなくなったりボリュームが減った方にもおすすめです。

顎がもともと後退している方や、口元が出っ張っている方は顎にヒアルロン酸を注入するときれいなEラインに近づくことができます。
もともと顎が割れている方(割れあご)やアデノイド顔貌で顎と首の境目がはっきりしない方もヒアルロン酸を注入することで、きれいなフェイスラインに整えることができます。
その他に顔の脂肪吸引やバッカルファット除去、糸リフトやエラボトックスと組み合わせ治療を行うと、より輪郭をシャープに見せることができます。
あご先にヒアルロン酸を注入すると、顔の輪郭がきれいな卵型に近づくため、若い方から人気があります。

ヒアルロン酸の持続期間

ヒアルロン酸にはいくつかの種類があり、それぞれの部位に適した硬さのフィラー剤を選びます。
ヒアルロン酸の注入箇所や使用したフィラー剤の種類によって持続期間は異なりますが、平均して数か月〜2年程度となります。
ただし量を少なめに注入した場合、早めに効果の実感が感じられなくなることがあります。

ヒアルロン酸注射のダウンタイム

ヒアルロン酸注入後のダウンタイムは短いです。
施術後当日からメイクも可能です。
ごく稀に内出血や赤み、腫れが出る方もいらっしゃいますが、メイクで隠せる程度で数日で消失することが多いです。

当院で取り扱っているヒアルロン酸の種類と比較

当院ではダイヤモンドフィ―ル、チャウムスタイル、ジュビダームビスタ®ボリフトXC、ジュビダームビスタ®ボリューマXCの4種類のヒアルロン酸を取り扱っています。
それぞれ硬さや特徴、適用部位が異なるため、以下に特徴をまとめています。
ヒアルロン酸注射の施術を希望される方は是非参考にしてみてください。

ダイヤモンドフィール(Diamond Feel)

大手化粧品メーカーである資生堂から提供された国産原料を使っている非動物性のヒアルロン酸です。
“ダブルクロスリンク”という二重架橋構造技術で、加工されていて粘度は中程度です。
どのような部位でも対応できるように調整されているため、安全性が非常に高いのが特徴です。
はじめてヒアルロン酸を注入される方にもおすすめの製剤です。

チャウムスタイル(The CHAEUM® style)

韓国でヒアルロン酸実績No.1のヒューゲル社によって開発された、安全性が高く高品質なヒアルロン酸です。
その品質の高さは、韓国MFDS(韓国食品医薬品安全庁)とEDQM(欧州医薬品衣料品品質部門)からも認定済みです。
チャウムスタイルの特徴は、熱処理をゆっくりと行う“Bi-HEXA”製法でヒアルロン酸同士の分子の結びつきを強くし、しなやかな弾性と持続性を実現している点です。
この工程によって従来の製剤に比べて「平均粒子の大きさ」と「平均圧出力」が向上しています。
そのため注入後も、自然なボリュームと弾力を長期間キープしてくれます。

ジュビダームビスタ®ボリフトXC

ヒアルロン酸で初めてFDA(米国食品医薬局)認可された医療大手のアラガン社が製造元で、日本では2018年8月に厚生労働省から認可されている製剤です。
従来の持続期間が長いヒアルロン酸は注入後に膨張し、ボコボコしてしまう傾向がありましたが、ジュビダームビスタ®シリーズは独自の技術でこれらのリスクを解消しています。
特許製法“VYCROSS(バイクロス)”技術によって高分子と低分子、大きさの違うヒアルロン酸を配合することによって網目構造を蜜にし、体内の水分を吸収しにくく加工したのです。
この工程によってヒアルロン酸が膨張しづらくなったため、凹凸になりにくく注入時の形が長期持続されるようになりました。
ボリフトXCは持続期間が1年前後と長く、ゲル粒子は細かくなめらかなのが特徴です。
良く動く目もとや口元、その他の細かい部位に注入しても違和感なく自然に仕上がります。

また、痛みに配慮して麻酔液が配合されているため、患者様にとっても快適に注入が行えます。

ジュビダームビスタ®ボリューマXC

硬めのヒアルロン酸で1回の注入で1年前後の持続効果があります。
ボリューマXCもボリフトXC同様、麻酔液が配合され酵素分解されにくく自然で滑らかな仕上がりです。
ボリューマXCの特徴は弾性と凝集性のバランスが良く、外から力が加わっても形が崩れにくい点です。
そのため、シワやたるみの症状にも負けないボリューム感をキープしてくれます。
さらに、注入直後は柔らかいため、患者様の希望されるイメージ通りのラインがつくりやすくなります。

その効果は高く「中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリュームを増大するため、皮下骨膜上深部へ注入して使用される」ことを目的として、2016年9月に厚生労働省からも認可されています。

ヒアルロン酸 症例写真

リスク(副作用・合併症)について

施術時間 5分
腫れ・内出血 数日で消失(個人差あり)
リスク 違和感、ごく稀に感染や血流障害

施術料金

ヒアルロン酸

製剤 ダイヤモンドフィール チャウムスタイル ジュビダーム
(ボリフト or ボリューマ)
持続期間 1〜3ヶ月 6ヶ月〜10ヶ月 1年前後
部位 - 38,000円 48,000円
涙袋 - 38,000円 48,000円
アゴ - 38,000円 58,000円
リップ - 48,000円 68,000円
ほうれい線 24,000円 58,000円 98,000円
ゴルゴ(チーク) 24,000円 58,000円 98,000円
こめかみ 29,000円 58,000円 98,000円
頬骨下 39,000円 68,000円 128,000円
額(眉間上) 29,000円 58,000円 98,000円
額(眉上) 49,000円 98,000円 198,000円
額出し 78,000円 156,000円 296,000円

※表示価格は全て、税込み価格となります。

よくある質問

ヒアルロン酸注射は1本あたり何ccですか?また1ccあたりはどのくらいの量ですか?
ヒアルロン酸注射は注射1本あたり、1.0㏄です。
注入量の目安として、涙袋が片目あたり約0.1~0.5㏄となります。
ヒアルロン酸はどのくらいもちますか?またどのくらいの間隔で継ぎ足せば良いですか?
ヒアルロン酸の持続期間は注入部位や使用したヒアルロン酸の硬さによって数ヶ月程度~1年以上と異なります。
完全に吸収されてしまってからではなく、2~3割程度減ってきたと感じる段階で定期的に追加注入する方法がおすすめです。
ヒアルロン酸注入後、痛みはありますか?
ヒアルロン酸を注入することによって、組織が押され痛みを感じることがありますが数日で消失します。
施術中は薬液が入ってくる痛みを感じることがあります。
痛みが不安な方は表面麻酔や笑気麻酔も追加できます。
お気軽にお申し付けください。
ヒアルロン酸注射とボトックス注射を 同時に施術を受けることは可能ですか?
可能です。
スケジュール調整が難しい方でも1回の通院でより効果を実感していただけます。
ヒアルロン酸注入後、お風呂に入ることは可能ですか?
入浴は施術後当日から可能です。
ただし長時間の入浴で温まりすぎないようお願いしています。
頬のコケにはどの種類のヒアルロン酸がおすすめですか?
注入時の形を長期間キープできるジュビダームビスタ®ボリューマXCがおすすめです。
ハイフとの併用は可能ですか?
可能です。
ただし、ヒアルロン酸を注入した後は、約1ヶ月間隔を空けてからハイフ照射となります。
ダーマペンを施術希望ですが、ヒアルロン酸注入後どのくらい間隔を空けたらいいですか?
ヒアルロン酸注入後、約2週間間隔を空けて頂ければダーマペンを受けて頂けます。
他院修正や追加注入は可能ですか?
可能です。
ヒアルロン酸を注入しすぎて不自然に盛り上がってしまった場合や、注入部位がボコボコしている場合は、「ヒアルロニダーゼ」という専用の薬剤でヒアルロン酸を分解します。
他院での仕上がりに満足していない方はお気軽にご相談ください。
妊娠中や授乳中でもヒアルロン酸を注入することは可能ですか?
当院では妊娠中・授乳中の方はヒアルロン酸注射の施術を控えて頂いております。

サイトの医師監修について

院長 永嶋啓一

院長 永嶋啓一

当サイトにおきましては、厚生労働省が定めた医療広告ガイドラインを厳守し、医師監修のもとに掲載しております。
症例写真を掲載しているページにつきましては、施術説明、主なリスク・副作用・合併症・料金を表示しております。

CONTACT