- PERMANENT MAKEUP -

アートメイク

アートメイクとは

アートメイクとは、皮下0.02mm程度のごく浅い部分に専用の機器を使用し、薬剤(色素)で着色していくメイクのことです。
針を使って色素を入れることから刺青やタトゥーが連想されるかもしれません。
アートメイクは落ちることのない刺青とは違い、少しずつ色素が薄くなっていく「メイク」となります。
通常のメイクとは違って洗顔しても消えないのが特徴で、個人差はありますが平均1~3年かけて薄くなります。
アートメイクの代表的な箇所としては、アイブロウ・リップ・アイラインなどがあります。

素顔を美しく見せるだけでなく、脱毛症や傷跡を誤魔化したい方にもおすすめです。
また、普段メイクができない男性にも大変人気のあるメニューです。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • アイブロウやリップなどのメイクが苦手な方
  • 毎日のメイクに時間をかけたくない方
  • 眉毛を抜きすぎて生えてこない方
  • 眉毛やリップの形に左右差がある方
  • すっぴんでもキレイに見せたい方
  • 眉やリップに傷跡やほくろがある方
  • 水落ちしないメイクがしたい方
  • イメージチェンジしたい方
  • 脱毛症や無毛症の方
  • 眉毛が薄い方
  • 血色をよく見せたい方
  • 日常的にティントメイクをしている方
  • 唇のくすみや黒ずみが気になる方
  • 眉ペンや口紅、グロスなどで荒れやすい方
  • 癌などで化学療法を受ける予定がある方

アートメイクのメリット

アートメイクの最大のメリットは、メイクが落ちず素顔でも美しく見えることです。
旅行先やプール、海などのシーンでもメイクが落ちる心配をする必要がありません。
また、毎日のメイク時間を短縮でき、持ち歩く化粧道具も少なくて済みます。
皮脂の分泌や汗をかく量が多い方でも、メイク直しの手間がかからず、すっぴんでも自信が持てます。

当院の提供するアートメイク

当院では眉とリップのアートメイク施術が可能です。
アートメイク資格所有者である専門看護師が、患者さま1人ひとりのお顔のバランスに最適なアートメイクをご提供いたします。
症例数2000件以上、都内でも人気のアートメイクアーティストの方に日付限定でご来院いただき、施術を担当していただいております。
都心部のクオリティを宇都宮でご体感いただければと思います。

毛並みを活かした自然な眉毛アートメイク

眉毛のアートメイクは骨格や表情筋、眉毛の左右のバランスをみながら、ご希望に合わせてデザインを決めていきます。
お顔の黄金比も考慮しながらデザインを決めるため、ナチュラルでありながら最もお顔が美しく見える眉毛が実現可能です。

若々しく健康的な印象のナチュラルリップアートメイク

唇の色味やリップラインを整えることで、引き締まった若々しい印象の口元を実現できます。
また、唇の色が明るくなることで素顔でも健康的な印象になります。
当院では、患者様1人ひとりの肌色にあった自然なリップアートメイクを提供しているため、過度なオーバーリップはおすすめしていません。
唇のくすみや黒ずみが気になる方はお気軽にご相談下さい。

アートメイクに使用する針と薬剤

アートメイクに使用する専用機器の先端には、医療用の専用ニードル(針)がついています。
当院では各機関が認証する製品を導入し、滅菌処理された使い捨てのパーツを使用しています。
また、当院で使用する色素は、アメリカ食品医薬品局(FDA)から認可を受けている完全オーガニックの「COLORICA(カロリカ)」という薬剤です。
2020年に改良され、肌に馴染みやすく、作業しやすくなったのが「COLORICA(カロリカ)」の特徴といえます。
もちろん100%オーガニックの材料を元に作られているため、組成物中に重金属は含んでいません。
二酸化チタンの量も最小限しか含まれていないため、MRI検査も問題なく受けることが可能で敏感肌や金属アレルギーの方でも施術を受けていただけます。

COLORICA(カロリカ)の特徴

  • 時間が経っても色が退色しない
  • 鮮やかで色が抜けにくい
  • 肌に馴染みやすい
  • 磁場の影響を受けないため、MRI検査が可能

アートメイク施術中に関する痛み

麻酔クリームを塗布した後、施術を行うため痛みはほとんど感じません。
ただし痛みに弱い方はご希望により、ブロック麻酔を追加することが可能です。
カウンセリング時にお申し付けください。

アートメイク定着までの施術回数と持続期間

アートメイクは1回の施術でも色素は残りますが、「色素の定着にムラが出る」、「仕上がりが薄く持続期間が短くなる」可能性があります。
2~3回にわけて施術を行うことでより自然な仕上がりになり、色素の定着率がアップします。
また、左右のバランスや色の濃さ、形の調整もできます。

アートメイクの持続期間は、お肌のターンオーバーや施術箇所によって個人差がありますが、2回の施術で平均1~3年といわれています。
メンテナンスとして1年に1回リタッチをすると、綺麗な状態で持続が可能です。

アートメイクとタトゥーの違い

アートメイクとタトゥー(入れ墨)の最大の違いは、薬剤(色素)を着色する皮下の深さです。
皮膚は上から順番に表皮層(厚さ約0.02mm)、真皮層(厚さ約2mm)、皮下組織(厚さ約4〜9mm)に分かれています。
タトゥーはターンオーバーの影響がない真皮層(約2mm)に針で着色するため、永久的に色素が残ります。
しかし、アートメイクは一番浅い表皮層(約0.02mm)に着色していくため、代謝により徐々に色素が体外に排出されます。
個人差はありますが、施術後平均1~3年で色素が薄くなると認識しておきましょう。

アートメイクは医療行為

アートメイクは人の皮膚に針を用いて色素を注入する行為で、皮膚組織の損傷を伴います。
そのため日本ではアートメイクは厚生労働省により、医療行為として定められています。
場合によっては局所麻酔を使用するため、医師もしくは医師の監督下にある専門の看護師でしか施術をおこなえません。

また、アートメイクに使用する機器や色素(薬剤)を入手するためには医師免許が必要となります。
医療機関以外でのアートメイク施術は安全性が確保されていない機器や色素を使用する可能性があり、これまでに色素脱失や皮膚感染症、肥厚性瘢痕、ケロイド、色素沈着などを生じたケースも一部報告されています。

個人サロンでは医師が常駐していないため、このようなトラブルが起きてもすぐに対応ができません。
事故や失敗などのトラブルを避けるためにも、認可された医療機関でアートメイクを施術するようしましょう。

当院のアートメイクアーティスト

アートメイクアーティスト 磯田 美香

ISODA MIKA

磯田 美香

アートメイクアーティスト 森 和代

MORI KAZUYO

森 和代

アートメイクアーティスト 金澤 律紀

KANAZAWA RITSUKI

金澤 律紀

アートメイクアーティスト 村松 萌

MURAMATSU MOE

村松 萌

アートメイクアーティスト 保坂 桃子

HOSAKA MOMOKO

保坂 桃子

アートメイクアーティスト 稲生 優芽美

INOU YUMEMI

稲生 優芽美

施術料金

眉 or リップ

2回セット 定価 143,000円
モニター 132,000円
1回 定価 88,000円
モニター 66,000円
追加時 66,000円

アートメイクアーティストカレンダー

アートメイク施術の流れ

1. カウンセリング
施術を担当する看護師(アートメイクアーティスト)とお肌の状態を含め、施術についてのご説明をさせていただきます。
2. デザイン
骨格や表情筋、左右のバランス等を見ながら、ご希望に合わせてオーダーメイドでデザインを決めて行きます。
肌質、肌色に合わせご希望のお色を作ることができます。
また、発色を見て2回目以降変更は可能です。
3. 医師による診察
医師による診察を受けていただき、施術を安全に行えるか確認を行います。
4. 麻酔
塗る麻酔、またはブロック麻酔を行います。
5. 施術
デザインに沿って、施術を行っていきます。
6. アフターカウンセリング
施術後についてのご説明をさせていただきます。
気になる点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

アートメイク症例写真

アートメイクアーティスト 磯田 美香

磯田 美香

ISODA MIKA

アートメイク症例写真 磯田さん-01
アートメイク症例写真 磯田さん-02
アートメイク症例写真 磯田さん-03
アートメイク症例写真 磯田さん-04
アートメイク症例写真 磯田さん-05
アートメイク症例写真 磯田さん-06
アートメイクアーティスト 森 和代

森 和代

MORI KAZUYO

アートメイク症例写真 森さん-01
アートメイク症例写真 森さん-02
アートメイク症例写真 森さん-03
アートメイク症例写真 森さん-04
アートメイク症例写真 森さん-05
アートメイク症例写真 森さん-06
アートメイクアーティスト 金澤 律紀

金澤 律紀

KANAZAWA RITSUKI

アートメイク症例写真 金澤さん-01
アートメイク症例写真 金澤さん-02
アートメイク症例写真 金澤さん-03
アートメイク症例写真 金澤さん-04
アートメイク症例写真 金澤さん-05
アートメイク症例写真 金澤さん-06
アートメイクアーティスト 村松 萌

村松 萌

MURAMATSU MOE

アートメイク症例写真 村松さん-01
アートメイク症例写真 村松さん-02
アートメイク症例写真 村松さん-03
アートメイク症例写真 村松さん-04
アートメイク症例写真 村松さん-05
アートメイク症例写真 村松さん-06
アートメイクアーティスト 保坂 桃子

保坂 桃子

HOSAKA MOMOKO

アートメイク症例写真 保坂さん-01
アートメイク症例写真 保坂さん-02
アートメイク症例写真 保坂さん-03
アートメイク症例写真 保坂さん-04
アートメイク症例写真 保坂さん-05
アートメイク症例写真 保坂さん-06
アートメイクアーティスト 稲生 優芽美

稲生 優芽美

INOU YUMEMI

アートメイク症例写真 稲生さん-01
アートメイク症例写真 稲生さん-02
アートメイク症例写真 稲生さん-03
アートメイク症例写真 稲生さん-04
アートメイク症例写真 稲生さん-05
アートメイク症例写真 稲生さん-06

アートメイク施術後の注意事項

施術後数日間は、個人差はありますが施術箇所がヒリヒリしたり赤みが出る可能性があります。
大切なご予定がある場合、スケジュール調整をしておいた方が良いでしょう。
施術後の経過と生活については、施術部位によって若干異なります。
下記を参考にお過ごし下さい。

メイク

施術部位以外のメイクは当日から可能です。
施術部位に関しては、1週間あけてメイクが可能です。

クレンジング・洗顔

施術当日は、クレンジング・洗顔は極力控えましょう。
どうしても必要な場合、施術部位が濡れないようにそっと洗い流してください。

入浴

湯船につかると温熱作用により血行が良くなり、施術部位の傷の治りが悪くなる可能性があります。
そのため施術当日は、患部に水がかからないようシャワー程度で済ませることをおすすめしています。
入浴は1週間を目安に控えておいた方が良いでしょう。

アートメイク施術を受けた部位は擦り傷やかすり傷と同様に、摩擦や熱いお湯をかけるなど刺激を与えないようにしてください。

スキンケア

眉毛のアートメイクは軟膏を1週間分お渡しするので、それ以外は塗らないようにして下さい。
リップは皮が剥け切るまで軟膏を塗っていただきます。
2週間は紫外線を避け、こまめに日焼け止めスプレーや日焼け止めリップクリームを塗っていただきます。
ビタミンAやレチノール配合など、ピーリング作用のある基礎化粧品はアートメイク退色の原因となります。
刺激の少ない成分を選ぶようにしましょう。

また、血行や良くなる炭酸パックやフェイスマッサージも1週間は避けて下さい。

運動

アートメイク施術後、汗をかくと定着が悪くなる可能性があります。 施術後1週間は、汗をかく程度の過度な運動はお控えください。

飲酒

アートメイク施術翌日から可能です。 ただしお酒を飲むと、血行が良くなり腫れや赤みを増長させることがあります。 傷口の様子を見ながら、飲み過ぎには注意しましょう。

2回目以降の施術

2回目の施術は、1回目の施術の傷口が完全に治っている1ヶ月以降をおすすめしています。

アートメイク施術後の経過とダウンタイム

アートメイク共通

・アートメイクは1度で定着しない事が多いため、2~3回施術を重ねて完成させます。
・施術部位のメイクは施術後1週間たってからになります。
・通院されている方は、病名と内服しているお薬を事前にお伝え下さい。場合によっては主治医の許可証が必要となります。
・授乳中の方は麻酔を使用するため12時間空けて頂きます。
・施術後1週間程度濃い状態です。
・施術後1週間、汗をかく行為は定着が悪くなる可能性がございますのでお控え下さい。
・他院でのアートメイクが濃く残っている場合は状態を拝見させて頂き、お断りさせて頂く場合もございます。事前にお写真をお送りください。
・アレルギーやケロイド体質(軽度)が心配の方はパッチテスト(税込5500円)をおすすめしております。

【パッチテスト】:7日後の判定 【ケロイドテスト】:14日後の判定

眉アートメイク

・肌質や体質によって拡散と言って、毛並みが滲み毛並み感が出ない場合があります。その場合は2回目はパウダーブロウをおすすめいたします。
・お渡しする軟膏を1週間塗っていただきます。

リップアートメイク

・唇が乾燥していると色が入りにくいので、1週間程前からしっかり保湿をお願いいたします。
・ヘルペスが発症する可能性がございます。
・施術後3〜5日ほどで皮が剥けてきます。
・お渡しする軟膏を皮が剥けきるまで塗布して下さい。
・色の入り方は個人差がございますが、3回程重ねるとしっかりと色が残ります。
・リップラインは大幅なアウトラインやインラインでの施術はおすすめしておりません。
・2週間紫外線を避けるために外出時のマスクの上から日焼け止めスプレーや日焼け止めリップクリームをする等十分な紫外線対策をお願いします。
・施術後は内出血により赤黒くなる場合がございます。

アイライン

・緑内障、白内障の方は施術することができません。
・当日と翌日に瞼が腫れます。
・マツエクをしていますと施術はできません。施術時はコンタクトレンズは外していただきますのでケースと洗浄液をお持ち下さい。
・施術後3日間はコンタクトレンズの使用はお控え下さい。

リスク(副作用・合併症)について

リップアートメイクの場合、口唇ヘルペスを発症する可能性があるため、施術後3日間は生モノや刺激物の飲食は控えていただいております。
体質によっては、ごく稀にアレルギーやケロイドが出る場合があります。
心配な方は事前にパッチテスト(税込5500円)を受けることをおすすめしています。

【パッチテスト】:7日後の判定
【ケロイドテスト】:14日後の判定

施術時間 2時間30分
腫れ・内出血 数日(個人差あり)
リスク 感染(非常に稀)

よくある質問

痛みはありますか?
クリーム状の塗る麻酔を使用し、痛みを軽減することができます。またブロック麻酔を併用することで、さらに痛みを減らすことも可能です。
施術時間はどれくらいですか?
カウンセリングが30分程度となり、施術時間が2時間程度となります。
(※個人差あり)
どのくらい持続しますか?
個人差がございますが、1〜2年ほど持続いたします。
術後のダウンタイムはありますか?
数日は赤みやヒリヒリする症状が出る場合がございます。
(※個人差あり)
2回に分けて行った方がいいと聞きましたが、どうしてですか?
1回の施術では色素の定着にムラが出てしまったり、薄い仕上がりで持続がよくないケースがございます。2回に分けて施術を行い色素を重ねていくことで、定着率がアップし、より自然な仕上がりになります。また、形や色の濃さを調整したり、左右のバランスを整えていこともできるのでおすすめです。
2回目の施術は、いつ頃が良いですか?
次回の施術は1ヶ月以降をおすすめしております。皮膚の状態にもよりますので、施術を担当する看護師より詳しく説明させて頂きます。
何歳から施術は可能ですか?
18歳以上で親権者の同意書があれば施術は可能です。
男性でもアートメイクの施術は可能ですか?
もちろん可能です。ご希望のデザインなどお気軽にご相談ください。

サイトの医師監修について

院長 永嶋啓一

院長 永嶋啓一

当サイトにおきましては、厚生労働省が定めた医療広告ガイドラインを厳守し、医師監修のもとに掲載しております。
症例写真を掲載しているページにつきましては、施術説明、主なリスク・副作用・合併症・料金を表示しております。

CONTACT