- COLUMN -

【医療脱毛とエステ脱毛の違い】を医師が比較して紹介!どっちが良い?

【医療脱毛とエステ脱毛の違い】を医師が比較して紹介!どっちが良い?がイメージ出来る画像

グランツクリニック 院長 永嶋啓一

記事監修
グランツクリニック院長
永嶋 啓一

経歴

2013年 埼玉医科大学 医学部 卒業
2013年 埼玉医科大学総合医療センター
形成外科・皮膚科・麻酔科
2015年 品川美容外科 勤務
2016年 品川美容外科 品川本院 主任 / 新潟院 院長
2016年 東京中央美容外科 宇都宮院 院長
2018年 東京中央美容外科 新宿院 院長
2019年 銀座国際美容外科 勤務
2019年 グランツクリニック 開院

目次 閉じる

【一目で分かる!】医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛を受けるにあたって「医療脱毛とエステ脱毛のどちらにすべきか」と迷う人も多いのではないでしょうか。

医療脱毛とエステ脱毛では脱毛方法や効果に大きな違いがあり、正しく理解せずに契約すると後悔することにもなりかねません。

脱毛を検討されているなら、違いをしっかりと理解した上で、ご自分に合った脱毛方法を選択することが重要です。

今回は、医療脱毛とエステ脱毛の違いを比較しながら詳しく解説していきます。

【一目でわかる!医療脱毛とエステ脱毛の比較表】

医療脱毛 エステ脱毛
脱毛効果 永久脱毛 一時的な抑毛・ 減毛
回数 5~8回前後 12~18回以上
期間 約1年~1年半 約2年~3年
費用 最初にかかる費用は高いがトータルコストは安い 最初にかかる費用は安いがトータルコストは高くなる場合も
脱毛方法 レーザー脱毛
強い照射パワーで毛根や発毛組織を破壊する
光脱毛(フラッシュ脱毛)
低い照射パワーで毛根や発毛組織にダメージを与える
安全性 資格のある医師や看護師が施術するため安全性が高い
肌トラブル時は医師が診察、薬の処方など適切な処置が可能
資格が無いエステティシャンが施術するためリスクを伴う
※肌トラブルへの対応はできないため皮膚科への診察が必要
痛み 照射パワーが強痛みを感じやすい 照射パワーが弱く痛みを感じにくい

※効果、回数には個人差があります。

最大の違いは永久脱毛が可能かどうか

上記の表をご覧頂ければ分かるように、回数や期間、費用や脱毛方法などにも違いがありますが、最大の違いは『永久脱毛が可能かどうか?』という点です。

そもそも永久脱毛の定義は?

日本では永久脱毛の明確な定義はありませんが、アメリカの「AEA(米国電気脱毛協会)」「FDA(米国食品医薬品局)」 によると、以下のように定義づけられています。

  • AEA(米国電気脱毛協会)・・・脱毛の経過1カ月後に毛の再生率が20%以下であること
  • FDA(米国食品医薬品局)・・・3回の脱毛施術後から6カ月経過して2/3以上の毛が減少していること

簡単に言うと、永久脱毛は、すべての毛が完全に生えてこなくなるという事ではなく『毛の減毛率が高い状態を長期間において維持できる脱毛方法だという事です。

エステ脱毛は永久脱毛が出来ない

エステ脱毛の脱毛方法では、一時的な抑毛や減毛は可能ですが『永久脱毛の定義に当てはまる脱毛効果』を得ることはできません

一方、医療脱毛の脱毛方法では 『永久脱毛の定義に当てはまる脱毛効果』を得ることが可能です。

つまり、エステ脱毛では永久脱毛は出来ないため、『永久脱毛』を望むなら医療脱毛を選択するべきです。

【結論から】どっちが良いか迷っているなら?

エステ脱毛と医療脱毛で迷っているならオススメは医療脱毛がイメージ出来る画像

結論から言うと、どっちが良いか迷っているならオススメは医療脱毛です。

基本は医療脱毛がオススメ!その理由とは?

どちらを選択すべきかは、効果や費用、痛みなど、何を重視するかによっても変わってきますが、基本的にオススメしたいのは医療脱毛です。

医療脱毛をオススメする理由

永久脱毛が出来る

施術回数が少ない

短期間で脱毛が完了する

安全性が高い

トータルコストが安い

痛みを軽減することも可能

エステ脱毛に比べて確実に脱毛効果が高く、短期間で効果を得られるのは医療脱毛です。

※個人差がある場合もございます。

エステ脱毛は費用面、痛みに関しての妥協案として

「初期費用が安かった」「医療脱毛は痛みが強そう」などの理由から、何となくエステ脱毛を選ぶ人も多くいます。

しかし、通い出してから満足のいく効果が得られず「やっぱり医療脱毛にしておけば良かった…」と後悔する人も少なくありません

最初にかかる費用の安さ、痛みの少なさを優先したいということなら、脱毛効果に関しては妥協してエステ脱毛を選ぶという選択肢もアリかと思います。

ただ、脱毛効果が確実に高くトータル的に考えてもオススメは医療脱毛です。

医療脱毛とエステ脱毛の違いをしっかりと理解した上で、どちらを選択すべきかを検討して下さい。

更に詳しく知りたい方のために、『効果・期間・回数・費用・脱毛方法・安全性』など、医療脱毛とエステ脱毛との違いを詳しく比較しご紹介していきます。

エステ脱毛から医療脱毛への乗り換えと併用

今現在エステ脱毛に通っていて、効果を感じられないのなら、効果の高い医療脱毛への乗り換えがオススメです。

満足のいく効果を得るために回数を追加していくと、思った以上に費用が高くつく可能性もあります。

もし、契約した回数が残っている、解約するとお金がかかるなどの場合は、医療脱毛との併用も視野に入れましょう。

エステ脱毛と医療脱毛の併用は可能

エステ脱毛と医療脱毛の併用は可能です。ただ、毛周期(毛が生え変わるサイクル)などの関係から施術期間を空ける必要があります。

同じ部位を同時期に施術しても効果が得られないこともあるため、併用する場合はまずクリニックの医師に相談し、エステ脱毛を受けた時期などをきちんと伝えましょう

※併用に関してはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

⇒『 医師が【医療脱毛とエステ脱毛の併用】は可能か?を詳しく解説!』

【①効果】医療脱毛とエステ脱毛では効果が全然違う

医療脱毛とエステ脱毛では効果が全然違うがイメージ出来る画像

脱毛方法が異なる医療脱毛とエステ脱毛では、効果が大きく違ってきます。

まずは、効果の違いについて詳しく解説します。

比較にならない程効果が高い医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応してレーザーで熱を発生させ、 毛根や発毛組織などを集中的に破壊します。

施術後、破壊された毛根からムダ毛が自然と抜け落ち、再び毛が再生することはないため永久的な脱毛が可能です。

毛周期の関係から何度か施術は必要になりますが、照射パワーも強く、一度の施術でも高い脱毛効果を発揮します。

なぜ光脱毛(フラッシュ脱毛)は効果が低いか?

エステサロンなどで行う脱毛方法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)です。

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、光の照射により、毛根や発毛組織などにダメージを与える脱毛方法です。

照射パワーも弱く、レーザー脱毛のように毛根や発毛組織を破壊することは出来ないため、再び毛は再生されます

一時的な減毛や抑毛といった効果しかないため、光脱毛での永久的な脱毛は不可能です。

【②期間・回数】エステ脱毛より医療脱毛は短期間

【期間・回数】エステ脱毛より医療脱毛は短期間がイメージ出来る画像

脱毛効果が高い医療脱毛は、エステ脱毛より少ない回数、短かい期間で脱毛を完了することができます。

期間や回数の違いについて詳しくご紹介します。

医療脱毛は通う回数も少なく短期間で完了

脱毛する部位や脱毛機、個人差などにより異なりますが、医療脱毛とエステ脱毛の脱毛が完了するまでの平均回数と期間の目安は以下の通りです。

医療脱毛 エステ脱毛
施術回数 5~8回前後 12~18回以上
脱毛期間 約1年~1年半 約2~3年

※回数や期間には個人差があります。

1回の施術で脱毛効果の高いレーザー脱毛に比べ、光脱毛は1回の施術での脱毛効果が低く、効果を実感出来るまでに時間がかかります。

近年では痛みを抑えた医療レーザー脱毛機が人気

照射パワーが強く、脱毛効果が高い医療脱毛では、施術時に少なからず痛みを伴います

しかし近年では、痛みが少ない医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックもあります。

医療脱毛で使用する脱毛機は主に4種類に分類されますが、中でも最も痛みが少ない脱毛機が、当院でも採用している『蓄熱式ダイオ―ドレーザー』です。

蓄熱式ダイオ―ドレーザーを導入しているクリニックなら、痛みを最小限に抑えながら、少ない回数と期間で脱毛を完了することが可能です。

蓄熱式ダイオ―ドレーザーのイメージ画像

当院で採用している蓄熱式ダイオ―ドレーザーの特徴

毛根の「メラニン」ではなく、発毛組織である「バルジ領域」にアプローチ、毛根自体から発毛を阻止する仕組み

肌の浅い部位にあるバルジ領域に、じわじわと熱ダメージを蓄積させるため、他のレーザー脱毛機に比べて肌への刺激や痛みが少ない

照射範囲が大きく従来の医療脱毛機より短時間での照射が可能

冷却力が高い( -10℃まで可能 )ため、従来の医療脱毛機に比べて照射パワーもアップしており脱毛効果が高い

従来の医療レーザー脱毛では対応できなかった白髪や薄い毛、産毛、色黒肌、敏感肌にも対応可能

レーザーの細かい調節が可能、1人1人の肌質や髪質に合わせた施術が可能

通う期間は倍以上?でも痛みも少なめのエステ脱毛

エステ脱毛は1回の照射パワーが弱く、脱毛効果が低いため、脱毛が完了するまでには医療脱毛に比べて倍以上の回数と期間が必要になります。

医療脱毛に比べると痛みは少なめですが、決して痛みがない訳ではありません

痛みの感じ方には個人差があり、施術する部位や肌の状態などによってはエステ脱毛でも痛みを強く感じることもあり、何回も通うことが苦痛に感じる場合もあります。

医療脱毛なら平均5回~8回の施術で完了、脱毛機や麻酔などで痛みを軽減することも可能です。(※回数には個人差があります)

【③費用】実際はエステ脱毛より医療脱毛の方が安い?

【費用】実際はエステ脱毛より医療脱毛の方が安い?がイメージ出来る画像

最初にかかる費用だけで見ると、医療脱毛よりエステ脱毛の方が安くなりますが、トータルコストで見た場合、医療脱毛の方が安くなる場合がほとんどです。

続いては、気になる費用に関して詳しく解説します。

最初にかかる費用はエステ脱毛の方が安い

最初にかかる費用、1回あたりの料金はエステ脱毛の方が安くなります

ただ、エステ脱毛は1回の脱毛効果が低く、永久脱毛も出来ないため、満足のいく効果を得るためには何度も通う必要があります。

施術する部位によっては、効果を感じるまでにかなりの期間がかかったり、まったく効果を実感出来ないケースもあり、回数の追加が必要になる場合もあります。

トータルで考えた時は医療脱毛の方が安くなる

医療脱毛は、脱毛効果が高い分、少ない回数で結果も出やすく、確実にムダ毛は無くなっていきます

永久脱毛が可能なため、エステ脱毛のように効果が感じられず回数を増やしたり、一度脱毛が完了した後に再び毛が再生され、また通わなければならないといった事がありません。

最初にかかる費用は高く感じますが、トータル的なコストで見ると、医療脱毛の方が安くなるケースがほとんどです。

どれぐらい違うか?全身脱毛の費用相場で比較

実際どれくらい費用に違いがあるのか、全身脱毛(顔・VIO含む)の費用相場を比較してみましょう。

【全身脱毛の費用相場】

  • 医療脱毛(5回~6回プラン)・・・約25万円~40万円
  • エステ脱毛(12回~18回プラン)・・・約20万円~35万円

上記のように、全身脱毛の費用相場は医療脱毛の方が高くなっています。

ただ、エステ脱毛には回数のプラン以外に、月額プランや無制限プランなどがあるところも多く、無制限プランでの契約では総支払額にすると約40万円ほどかかる場合もあります。

また、施術する部位やキャンペーンによっては、医療脱毛の方が最初からエステ脱毛より安くなっている事もあります。

【④脱毛方法】医療脱毛とエステ脱毛のアプローチの違い

【脱毛方法】医療脱毛とエステ脱毛のアプローチの違いがイメージ出来る画像

医療脱毛とエステ脱毛では、以下のように脱毛方法が大きく異なります。

  • 医療脱毛・・・レーザーで狭い範囲(毛根の奥深く)に照射し、毛を生やす元となる組織に集中的に作用する
  • エステ脱毛・・・光で広い範囲(毛根全体)に照射し、毛を生やす元となる組織にマイルドに作用する
医療脱毛とエステ脱毛の照射範囲の違いが分かる比較画像

【①効果】の違いの項目でも少し触れましたが、医療脱毛とエステ脱毛の毛根へのアプローチの違いについて、もう少し詳しく解説します。

『毛母細胞・毛乳頭・バルジ領域』を破壊する医療脱毛

『毛母細胞・毛乳頭・バルジ領域』を破壊する医療レーザー脱毛がイメージ出来る画像

医療脱毛では、レーザーの強い照射パワーにより、毛根の奥深くにある『毛母細胞・毛乳頭・バルジ領域』を集中的に破壊することができます。

通常のレーザー脱毛機では、毛根のメラニン色素に反応して「毛母細胞・毛乳頭」へアプローチしますが、前項でご紹介した『蓄熱式ダイオードレーザー』は、メラニンではなく「バルジ領域」にアプローチします。

どちらの方法も、毛の発毛組織に作用するため、一度破壊された毛穴からは毛が再生されることはありません

『毛根全体』 にアプローチしてダメージを与えるエステ脱毛

 『毛根全体』 にアプローチしてダメージを与えるエステ脱毛がイメージ出来る画像

エステ脱毛は、光による弱い照射パワーで、「毛根全体」の広い範囲にアプローチします。

発毛組織を破壊するほどのパワーで照射することは出来ないため、毛根にダメージを与えるにすぎません

一時的に毛は無くなりますが、発毛組織が破壊されない限り、時が経てば再び毛が再生されます

【⑤安全性】エステ脱毛は資格がなくても施術出来る?!

【安全性】エステ脱毛は資格がなくても施術出来る?!がイメージ出来る画像

国家資格が必要な医療脱毛に対し、エステ脱毛での施術には基本的に資格は必要ありません。

最後に、医療脱毛とエステ脱毛の安全性の違いについて解説します。

医療脱毛は医師、看護師が施術

医療脱毛で行うレーザーを照射する施術は、国家資格を持つ医師や看護師しか認められておらず、資格が無いものが施術を行うことは違法行為にあたります。

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

厚生労働省:医師免許を有しない脱毛行為等の取り扱いについて

そのため、永久脱毛が可能となる医療脱毛で行う施術は、国家資格を持った医師や看護師が行っています

エステ脱毛はエステティシャンしかいない

エステ脱毛は、資格がなくても施術を行うことが可能です。

美容専門学校を卒業したものや、研修を受けたエステティシャンが施術を行っており、医師や看護師は常駐していません。

照射出力の弱い脱毛機を使用し、研修も受けているとは言え、資格を持つ医師や看護師に比べると施術に関するリスクは伴います

また、医師や看護師がいないため、施術による肌トラブルが起こった場合にもすぐに対応することは出来ません

万が一の肌トラブルも医療脱毛は安心

医療脱毛では、万が一肌トラブルが起こった場合にも、医師がすぐに診察して適切な処置を行い、必要な薬を処方してくれます。

しかし、医師がいないエステ脱毛では、保冷剤などで冷やすなどの対応しかできず、後日、自分で皮膚科を受診し、薬を処方してもらう必要があります

肌トラブル時は、迅速で適切な処置を行うことが大切です。

医療脱毛では、症状に応じた迅速で適切な対応が可能、さらにリスクに対する保証(診察・薬の処方・追加照射が無料など)も充実したクリニックが多いため、安心して施術を受けることができます。

最後に、医療脱毛とエステ脱毛の呼称の違いについても解説します。

【※補足】医療脱毛とエステ脱毛の呼称の違い

医療脱毛とエステ脱毛の呼称の違いがイメージ出来る画像

皮膚科、美容外科、クリニックなど医師がいる所は医療脱毛

『医療脱毛』とは、医師がいる医療機関で行われる脱毛を指しています。

脱毛の施術を受けられる所は数多くあり、呼び方も色々ですが『皮膚科・美容外科・クリニック』などの、医師がいる所で受ける脱毛を医療脱毛と呼びます。

注意!光脱毛機を採用する医療クリニックもある

『医療脱毛』は医師がいる所で行われる脱毛を指す言葉であり、使用する脱毛機は関係ありません。

医療クリニックでも、エステ脱毛で使用する光脱毛を採用している場合があります

そのような場合でも、医療機関で行われる脱毛になるので『医療脱毛』と呼ばれるため注意が必要です。

つまり、『医療脱毛』=『永久脱毛』とは限りません

永久脱毛を受けたい場合は、契約前に採用している脱毛機についてもきちんと確認しておきましょう。

脱毛サロン、エステ脱毛、美容脱毛の違いは?

エステ脱毛の他に、脱毛サロンや美容脱毛などもありますが、呼び方が違うだけで脱毛方法や施術者に違いはありません

国家資格を持つ医師や看護師ではなく、エステティシャンが光脱毛の機器を使用して脱毛施術を行います。

脱毛機の呼び方も違う?

エステ脱毛などで行われる脱毛を、『光脱毛』または『フラッシュ脱毛』など違う呼び方をする場合がありますが、呼称の違いだけであり脱毛方法としては同じです。

エステ脱毛などで使用する脱毛機には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

脱毛機の種類 特徴
IPL式脱毛
(インテンス・パルス・ライト)
メラニン色素に反応する光により熱を発生させ、発毛細胞にダメージを与える
SSC式脱毛
(スムーススキンコントロールメソッド)
専用のジェルを塗って光を照射し、ジェルに含まれる制毛成分を毛穴に浸透させ毛の再生を抑制する
SHR式脱毛
(スーパー・ヘアー・リムーバル)
表皮に近いバルジ領域に熱を蓄積させ、毛の再生を抑制する

上記のように、脱毛機には種類がありますが、いずれも光を照射して行う光(フラッシュ)脱毛です。

今回は【医療脱毛とエステ脱毛の違い】についてご紹介させて頂きました。

詳しく比較すると、医療脱毛とエステ脱毛には、大きな違いがあることを理解して頂けたのではないでしょうか。

後悔のないよう十分に検討した上で、自分が納得できる脱毛方法を選択して下さい。

もし医療脱毛とエステ脱毛で迷っているなら、安全性も高く、短期間で永久的な効果が得られる医療脱毛をオススメします。

サイトの医師監修について

院長 永嶋啓一

院長 永嶋啓一

当サイトにおきましては、厚生労働省が定めた医療広告ガイドラインを厳守し、医師監修のもとに掲載しております。
症例写真を掲載しているページにつきましては、施術説明、主なリスク・副作用・合併症・料金を表示しております。

CONTACT