- DOUBLE EYELID -

二重切開法

二重切開法とは

患者様のご希望に合わせてデザインした二重ラインに沿って、まぶたを切開しまぶたの内部組織を癒着させて二重の仕組みをつくる方法を二重切開法といいます。
生まれながらの二重まぶたは、まぶたにある眼瞼挙筋(目を開ける筋肉)という筋肉が枝分かれして皮膚を巻き込んでいます。
切開法は眼瞼挙筋に直接アプローチし、瞼板前組織を癒着させることにより、二重まぶたのもととなる枝分かれの構造を作り出します。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • まぶたの脂肪が多く腫れぼったいぼった方
  • まぶたの皮膚が厚い方
  • アイプチ等で二重にならない方
  • 二重のラインがはっきりしない方
  • 幅広の二重ラインにしたい方
  • 埋没法がとれてしまった方
  • 埋没法が適していないと診断された方

当院の二重切開法の特徴

永久的な二重が可能

二重ラインに沿ってまぶたを切開、瞼板前組織を癒着させ、生まれながらの二重と同じ構造にするので永久的な効果を得られます。
まぶたの皮膚が極端に厚い方、腫れぼったい方も切開法を行うことで、しっかりと二重が定着し元のまぶたに戻る心配はありません。

ご希望に合った二重ラインの形成が可能

二重切開法では、末広型や平行型、幅広の二重ラインなどご希望の二重ラインの形成が可能となります。
基本的に、蒙古ひだが大きい、もしくは形成する二重ラインより位置が下にある場合は末広型に適しているといわれてます。
また、蒙古ひだが小さい、もしくは形成する二重ラインより蒙古ひだが上に位置する場合は平行型が適しているといわれています。
前者の方でも、目頭切開で蒙古ひだの始まりの位置を下に下げることで自然できれいな平行ラインをつくることが可能です。

一度に複数のお悩みを解決できる

まぶたを切開し、直接アプローチができるのでまぶたの脂肪取りや、たるみ取り、目の開きを強くする処置などが同時に行えます。
一重だけでなく、まぶたが腫れぼったい、眠たそうに見える眼瞼下垂など複数のお悩みをもった方に是非おすすめしたい施術です。

上向きまつ毛に

腫れぼったいまぶたが原因となり、逆まつげのようにまつ毛が下を向いてしまうケースがあります。
二重切開法では、まぶたの余分な脂肪や皮膚、たるみなどを取り除くことができるため、これらの要因で下がっていたまつ毛も上向きになります。
まつ毛が下を向いていて、目に入るなどのお悩みがある方もお気軽にご相談下さい。

当院の二重切開法へのこだわり

ダウンタイムは最小限

まぶたの皮膚は薄く、繊細です。
当院では腫れや内出血といったダウンタイムを最小限に抑えるために、極細の注射針で局所麻酔を行います。
術後のダウンタイムを目立たせなくするために透明の糸で縫合することも可能です。
ご希望の場合は、お気軽にご相談下さい。

幅が広い二重でも自然

基本的に、まぶたの表面解剖では眼瞼縁から10㎜以内での二重ラインが自然といわれています。
しかし幅が広い二重でも内部まで処理を行うことによって、眠く見える印象を解消し、黒目を大きく見せることができます。
切開法は切開したラインがそのまま二重のラインとして仕上がります。
さらにまぶたの内部組織や筋肉の処置、縫合を行うため、微細な手技とデザインセンスが必要となります。
解剖学を熟知した当院医師により、幅が広い二重でも生まれながらのような自然な二重ラインを実現します。

組み合わせ治療でより自然な平行二重に

当院では、ヒアルロン酸注射での涙袋整形、目頭・目尻切開・グラマラスライン(たれ目形成)など、より魅力的な目元を実現する組み合わせ治療のご提案も行っています。
目の開きが弱く、眠く見える方には眼瞼挙筋を一部切断しつなぎ合わせて短縮する処理との組み合わせで、黒目を大きく見せることも可能です。
その他にも、まぶたの余分な皮膚を一部切り取ることや、脂肪を除去することでスッキリとした理想の二重ラインに仕上げる事も可能です。
加齢でまぶたがたるんでしまった方、若い時に比べて視界が狭くなったと感じる方もお気軽にご相談下さい。

二重埋没法との違い

埋没法は、糸で止めることにより、眼瞼挙筋の枝分かれの構造を作っています。
切開法とは違い、皮膚が癒着しない限り抜糸を行えば修正が可能となります。
切開法では眼瞼挙筋に直接アプローチしているため、生まれながらの二重まぶたと同じ、永久的な効果を得ることができます。
極端にまぶたの皮膚が厚い方、脂肪が多い方は切開法の方が適しているといえます。

手術の流れ

1. ご予約
お電話、もしくはLINE予約にてご予約を承っております。
2. カウンセリング
カルテに必要事項を記入していただいた後、カウンセリングとなります。
理想の二重ラインや目の形をお伺いした後、患者様のまぶたの状態を拝見し二重ラインを決定します。
ご希望の方には組み合わせ治療でのご提案も致しますので、ご希望の目の形について細部までお聞かせ下さい。
3. 施術
洗顔などの施術準備が整いましたら、施術開始となります。
施術時間はおよそ30分程度で終了となります。
4. 施術終了
医療用の糸で、丁寧に縫合したら施術終了となります。
お帰りの身支度が整いましたら、そのままお帰りいただけます。

経過とダウンタイム

術後2週間まで

入浴や洗髪は2日後から可能です。
個人差がありますが、平均して術後2週間は腫れや内出血などが生じやすくなります。
術後は痛み止めや化膿止めもお出ししていますが、2~3日間は熱感や痛みが出ることがあります。これらの症状は時間とともに解消します。

抜糸までの術後5〜7日間は、コンタクトレンズの仕様は極力控えていただき眼鏡等で過ごしていただきます。
抜糸後が終了した術後7~8日後より、アイメイクや患部の洗顔が可能となります。

術後1ヶ月以降

術後1ヶ月経過すると、赤みはありますが腫れや内出血はほとんど消滅します。
手術前と同じ、通常の日常生活を送っていただいて問題ありません。

腫れを早く引かせるには

目は心臓より高い場所に存在します。
手術後は、横になって休んでいる体勢になると目と心臓が同じ高さになり、傷跡に血液がたまりやすくなります。
傷跡に血液が集まってくると、内出血や腫れを助長しやすくなります。
そのため、手術後2~3日後は無理のない範囲で起きている体勢を心がけ、まぶたの傷口が心臓より高い位置にある体勢をとることおすすめします。

また血管は暖かい環境下で膨張し、寒い環境下では収縮する傾向にあります。
血管が膨張して血行が良くなると、血管から液体成分が漏れてしまうため、腫れや内出血を長引かせてしまうことがあります。
手術後2~3日後はなるべく患部を冷やす様、心がけましょう。

リスク(副作用・合併症)について

二重切開法は術後5日~7日後に抜糸が必要となり、術後は2週間程ダウンタイムが発生します。
抜糸が終了するまでの期間はコンタクトの仕様は極力控えていただきたいため、手術当日は眼鏡を持参して頂き、お車の運転を控えて頂くようお願いしています。

また、皮膚を切開して施術を行うので二重ラインの修正は難しくなります。
ケロイド体質の方はカウンセリング時にお申し出下さい。

施術時間 30分
腫れ・内出血 1週間から2週間程度で消失(個人差あり)
リスク 違和感・左右差が生じることあり

施術料金

※表示価格は全て、税込み価格となります。

よくある質問

切開法は二重が取れる可能性は無いとの事ですか本当にとれませんか?
原則取れる事はありませんが、切開線が薄くなったり、年齢と共に皮膚のたるみにより二重幅が狭く見える事はあります。
術後の腫れはどれくらいですか?
個人差はございますが、術後2週間程度である程度の腫れはひき、1ヶ月後にはメイクなしでも外出できる程度まで赤みも解消します。
さらに、2~3ヶ月かけて徐々に腫れがなくなります。
飲酒やサウナ、スポーツなどは術後いつから可能ですか?
抜糸までの期間は血流が活発になるような行為はお控えください。
サウナやスポーツはまぶたの回復を考慮して、術後1ヶ月以降の方が望ましいといえるでしょう。
術後、仕事など日常生活は通常通り行えますか?
腫れや糸が気になければ、外出や仕事は問題ありません。
接客業の方は、抜糸までの期間アイメイクができません。
お休みされる方が良いでしょう。
二重ラインを狭くしたい、広くしたいなどの変更は可能ですか?
切開法の場合、あまりお勧めできません。
変更の可能性がある場合は、埋没法での二重手術を案内しています。

サイトの医師監修について

院長 永嶋啓一

院長 永嶋啓一

当サイトにおきましては、厚生労働省が定めた医療広告ガイドラインを厳守し、医師監修のもとに掲載しております。
症例写真を掲載しているページにつきましては、施術説明、主なリスク・副作用・合併症・料金を表示しております。

CONTACT