- NOSE -

鼻先縮小・鼻中隔延長

鼻先縮小・鼻中隔延長とは

鼻先縮小術は鼻先の軟骨を中央に寄せ合わせるように縫い合わせて、鼻先を細くシャープに見せる施術です。
鼻先の軟骨だけではなく、脂肪などの軟部組織の方まで結ぶと鼻中隔も伸ばすことができます。
皮下脂肪や軟骨が発達している方はさらに効果が出やすい処置法で、ダウンタイムが少なく、半永久的な効果を得られるので人気があるメニューとなっています。
特に団子鼻、鼻が短い方、鼻の穴が丸くてお悩みの方などに適した施術といえるでしょう。

ごく稀ではありますが皮下脂肪が多すぎると、効果が出にくくなるケースがあります。
このような場合は、オプションで皮下脂肪などの内部組織を取り除くことが可能です。
オプションを追加した場合でも鼻柱は切開せず、鼻の穴の中からアプローチするので傷跡が外から見えることはありません。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • 団子鼻でお悩みの方
  • 鼻先を小さくさせたい方
  • 鼻筋を細く長くスッキリさせたい方
  • ダウンタイムを極力短く済ませたい方
  • 鼻が短い方

西洋人との鼻の骨格の違い

西洋人は鼻尖を構成する鼻翼軟骨がしっかりと発達していますが、東洋人(日本人)の鼻は西洋人に比べると低形成となります。
また西洋人の鼻に比べると、鼻尖部分の皮膚の皮脂腺が発達していて分厚く、普段動かす事がないため脂肪が溜まりやすくなるため、必然的に団子鼻の割合が多くなります。
とくに鼻の軟骨はやわらかく、なんらかの刺激が加わると変形しやすい傾向にあります。
外的な刺激だけではなく、肥満や加齢による脂肪やたるみの影響で鼻翼軟骨が左右に開き、後天的な団子鼻の原因となるケースも十分にあります。

このような要因でお悩みの方にも、鼻先縮小・鼻中隔延長術はおすすめの処置です。
当院医師により患者様の骨格や生活習慣の観点からみて、最適な治療法をご紹介致します。
もともとの鼻の形にお悩みの方はもちろん、以前と比べて鼻の形が変わったという方もお気軽にご相談下さい。

鼻先縮小術で鼻先を細く

顔の中心にある鼻のバランスで顔の印象は大きく変わります。
鼻先が細く整っていると端正な顔立ちの印象を与えやすくなり、顔全体が引き締まって見えます。

団子鼻や鼻全体が短い方は鼻を細くバランス良く整えることで、スッキリとした印象になります。
人中が長く見える方も実は鼻の短さが原因となっている可能性があり、鼻筋が整うと若々しい印象を取り戻すことができます。

鼻の形にコンプレックスを感じている方や毎日ノーズシャドウに時間をかけている方はお気軽にご相談ください。

リスク(副作用・合併症)について

個人差がありますが、術後3日~1週間は腫れや軽い痛みが出やすくなります。
また1~2週間後は内出血や赤みが出る場合がありますが、メイクで隠れる程度のものです。

施術時間 15分
腫れ・内出血 数日で消失(個人差あり)
リスク 違和感

鼻先縮小 施術の流れ

1. ご予約
お電話、サイト内のカウンセリング予約、もしくはLINE予約にてご予約を承っております。
2. カウンセリング
ご希望のデザインやお悩みを詳しくお伺いし、施術を行う上で体調面に問題がないか確認致します。
また、術後の経過についても詳しく説明させていただきます。
3. 施術
手術前のカウンセリングにて、事前の最終確認を行った後施術を開始します。
施術時間は約15分となります。
4. アフターケア
お休みになられた後、再度帰りの身支度を行っていただき帰宅可能となります。
麻酔の種類によっては回復される時間も異なりますので、患者様が完全に回復されるまで十分にお休みいただけます。

施術料金

※表示価格は全て、税抜き価格となります。

鼻先縮小・鼻中隔延長についてよくある質問

術後に注意する事はありますか?
念のため、術後2週間は顔のマッサージや眼鏡の長時間着用、うつぶせ寝、歯の治療、サウナや運動はお控えください。
メイクや入浴はいつから可能ですか?
翌日から可能です。
ポイントメイクは当日から可能です。
鼻先縮小とプロテーゼ挿入の施術を同時に行うことは可能ですか?
可能です。
カウンセリング時に患者様の骨格やご予算に合った治療法をご紹介します。
お悩みについて詳しくお聞かせください。

CONTACT