- NOSE -

鼻尖形成

鼻尖形成とは

鼻先に医療用の3Dメッシュボール(オステオポア)や耳介軟骨など、鼻先の形を整える施術を「鼻尖形成」といいます。
オステオポアは約2年で体内に吸収されますが、挿入後からメッシュ内に自己組織が入り込み、自分の組織と置き換わっていくのが特徴です。

従来の耳介軟骨移植法で鼻尖形成を行うことも可能ですが、耳から軟骨を移植する必要があるため、体への負担を極力少なくしたい方はオステオポアの挿入がおすすめです。
またオステオポア挿入による施術はギブス固定を必要としないのでダウンタイムは短く、日常生活への早期復帰が可能です。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • 鼻先を尖らせたい方
  • 団子鼻を整えたい方
  • 鼻下を短く見せたい方
  • 上向きの鼻先を整えたい方

オステオポアの特徴

長期の鼻先形成が可能な特殊構造

オステオポアは立体的な網目構造を形成しており、人体の骨の形状(海綿質)を模して作られています。
この形状を利用し、挿入後は網目構造の空洞に血腫が行き渡り血管新生が起こります。
血管新生が起こると周辺で新たに自家組織(繊維)が形成され、オステオポールが吸収されるまでの約2年間で自身の自家組織と全て入れ替わってしまう仕組みになっています。
そのため仕上がりは自然で美しく、長期的な鼻先形成が可能となります。

FDAから承認されているので安全

オステオポアは、PCL(ポリカプロラクトン)という医療用の体内で溶ける糸で形成されています。
安全性が高く、FDA(アメリカ食品医薬品局)から承認され、CEマーク(欧州医療機器指令の必須基本要件を満たしているサイン)も取得しています。
医療では手術糸、再生医療用材料、骨固定材料など様々な用途に使用されているため、術後も安心して過ごしていただけます。
また、自身の組織と置き換わるので飛び出してしまうなどのリスクも発生しません。

体への負担が少ない

オステオポアにはボール型、ドーム型、プレート型の3種類があります。
ボール型とドーム型は高さがわずか4㎜~7㎜と小さく、指先に乗るほどのサイズです。
プレート型は、耳介軟骨を加工する様に、オーダーメイドで理想のサイズに加工していきます。
また従来の耳介軟骨移植法は耳裏の切開と鼻先の切開との2箇所アプローチが必要でした。
オステオポア挿入の場合は、鼻の穴の中からのアプローチだけなので身体への負担を少なくすることが可能です。
鼻の穴の中しか傷跡が残らないので、抜糸までの間も周囲に気付かれることなく過ごせます。

リスク(副作用・合併症)について

手術の方法によっては、腫れやむくみ、内出血を伴う可能性がありますが、時間の経過とともに解消されます。

施術時間 15分
腫れ・内出血 数日で消失(個人差あり)
リスク 違和感

鼻尖形成 施術の流れ

1. ご予約
お電話、サイト内のカウンセリング予約、もしくはLINE予約にてご予約を承っております。
2. カウンセリング
ご希望のデザインやお悩みを詳しくお伺いし、施術を行う上で体調面に問題がないか確認致します。
また、術後の経過についても詳しく説明させていただきます。
3. 施術
手術前のカウンセリングにて、事前の最終確認を行った後施術を開始します。
施術時間は約15分となります。
4. アフターケア
お休みになられた後、再度帰りの身支度を行っていただき帰宅可能となります。
麻酔の種類によっては回復される時間も異なりますので、患者様が完全に回復されるまで十分にお休みいただけます。

施術料金

※表示価格は全て、税抜き価格となります。

鼻尖形成についてよくある質問

オステオポアはどのような素材ですか?
PCL(ポリカプロラクトン)という素材で、FDAからの承認やCEを取得しているため安全性が高く、手術糸や再生医療用材料として様々な用途で使用されています。
オステオポアの形状や大きさは1種類ですか?
ボール型、ドーム型、プレート型の3種類取り扱っており、さらに患者様の鼻の形やご希望のデザインに沿って、形を整えてから挿入します。
耳介軟骨移植を希望する場合、注意する点はありますか?
耳介後面を切開するため、術後は耳介の感覚が鈍くなることや、軽い痛みを感じることがあります。
これらの症状は時間の経過とともに消滅します。
また、耳たぶ周囲から軟骨を採取するため、イヤフォンやマスクを装着しにくくなる場合があります。

CONTACT