- NOSE -

小鼻縮小・鼻翼縮小

小鼻縮小とは

小鼻(鼻翼)縮小とは患者様の鼻の形に合わせて小鼻の皮膚の一部を切開し、縫い合わせる施術法です。
ダウンタイムを短くしたい方や切開に抵抗がある患者様には、糸のみで小鼻を引き寄せて小さく見せる埋没法を行うことも可能です。
生まれつき鼻翼と鼻尖の両方大きい方(団子鼻の方)は、小鼻縮小のみを行った場合、鼻尖の太さを協調してしまいバランスが悪くなるケースがあります。
このような場合は鼻先縮小などと併用された方がより美しく仕上がります。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • 鼻の穴が大きい方
  • 笑うと小鼻が横に広がる方
  • 小鼻の皮膚は厚くないが広がっている方
  • 上向きの鼻先を整えたい方
  • 小鼻が外側に向かって張り出している方

小鼻縮小で小鼻を小さく

顔の中心にある鼻が大きすぎる場合や鼻の穴が目立つ場合、男性的な印象を与えることがあります。
特に女性の場合、「忘れ鼻」という言葉があるように印象に残らない位の小ぶりでスッキリとした鼻が美しいといわれています。
一般的に顔の黄金比では女性の場合、鼻翼(小鼻)の幅は3.5cm以下が理想とされていて、4.0cmを超えると鼻翼の横幅が広くみられる傾向が強くなるため、治療対象となります。

当院では患者様のお顔全体の骨格や鼻の形に最適なデザインを考慮のもと、施術を行うのでより自然で美しい仕上がりとなります。
男性の方もお顔のバランスや男性の黄金比に合わせて施術を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

当院の小鼻縮小術

内側法

小鼻の膨らみの程度が少ない場合、鼻の中の内側から余分な皮膚と粘膜を約2㎜~4㎜切除して縫い合わせます。
(当院では、早い段階で戻ってしまう・つままれたような鼻の形になってしまうという点から、埋没法の施術は行っておりません。)
日本では内側法で施術する場合が多く、傷跡が外から見えにくいのが特徴です。
当院では左右の鼻の穴の違いや術後の鼻の形を計算して、切開をデザインするので自然で美しい仕上がりになります。
鼻の穴が大きい方や見えやすい方、小鼻の広がりの程度が少ない方には内側法がおすすめです。

外側法(切開法)

小鼻の広がりの程度が大きい場合や、いわゆる「あぐら鼻」とよばれる小鼻が外側へ張り出した方には外側法が適しています。
外側から小鼻の付け根の一部を切開し縫い合わせるので、内側法より多くの余分な組織を切除することが可能です。
小鼻の縁に沿って丁寧に縫合を行うので、赤みが出ることはありますが最終的に傷跡は目立たなくなります。
鼻翼の基部を皮膚と軟骨ともに約1cmと大幅に切除できるので、より効果を求められる方におすすめの施術です。

患者様の状態によって組み合わせも可能

鼻の穴は呼吸する際にも非常に大切な組織であるため、当院では自然な仕上がりと呼吸がしやすいかなどを考慮して切開デザインを決定します。
患者様のお悩みの状態によって、内側法+外側法など組み合わせて施術することも可能です。
他院での施術で不自然になってしまった方や、呼吸がしづらい方というお悩みの方もお気軽にご相談下さい。

痛みを最小限に

ブロック麻酔(眼窩下神経ブロック)を併用することで、切開による手術にもかかわらず、無痛で治療を行うことが可能です。

リスク(副作用・合併症)について

埋没法であれば、ダウンタイムはほぼ必要ありませんが内側法で行った場合、術後約1週間は違和感や痛みが発生することがあります。
外側法で施術を行った場合、2週間は赤みを生じますが小鼻のキワに沿って丁寧に縫合しているため、最終的に傷跡は目立たなくなります。
赤みはメイクで隠せる程度のものです。

施術時間 30分
腫れ・内出血 1週間程度で消失
リスク 違和感・左右差が生じることあり

小鼻縮小 施術の流れ

1. ご予約
お電話、サイト内のカウンセリング予約、もしくはLINE予約にてご予約を承っております。
2. カウンセリング
ご希望のデザインやお悩みを詳しくお伺いし、施術を行う上で体調面に問題がないか確認致します。
また、術後の経過についても詳しく説明させていただきます。
3. 施術
手術前のカウンセリングにて、事前の最終確認を行った後施術を開始します。
施術時間は約30分となります。
4. アフターケア
お休みになられた後、再度帰りの身支度を行っていただき帰宅可能となります。
麻酔の種類によっては回復される時間も異なりますので、患者様が完全に回復されるまで十分にお休みいただけます。

施術料金

※表示価格は全て、税抜き価格となります。

小鼻縮小についてよくある質問

鼻の穴が小さくなり、呼吸がしづらくなることはありますか?
過度な切開を行うと鼻呼吸が困難になるというケースがありますが、当院では切開デザインにこだわっているため、ありません。
施術後も快適に過ごしていただけます。
傷跡は残りませんか?
内側法で行う場合、主な傷は鼻の穴の中にあるため、傷跡は目立ちにくいです。
外側法で行う場合は、術後2週間は赤みが出ますが小鼻のキワに沿って切開するので最終的には目立たなくなります。
術後の生活で禁止事項はありますか?
術後2週間は、小鼻の傷口付近を強く触ったりすることを控えていただいております。

CONTACT